関西発で富士急ハイランドに行くのなら、まずはバスで行くことを考えてみるべきでしょう。

富士急ハイランドは山梨県にあるのですが、関西発ならばバスに多くの利点があるからです。バスの場合は費用が安くてすみます。

鉄道利用の場合と比較するとおそらく半額以下となることは間違いないでしょう。また、乗り換えがないということもメリットです。富士急ハイランドは山梨県の富士山の北側にありますので、関西発で鉄道で乗り換えなしに行くような手段は存在しません。

鉄道の場合は新幹線利用がメインとなるでしょうが、その場合は2回から3回程度は乗り換えが必要になります。混雑した慣れない駅で乗り換えることを考えるとこのメリットは大きいでしょう。家族連れで、しかもお土産などを持ってということになればなおのことです。バスだと時間がかかるのではないかと思われるでしょう。

確かにそれはそのとおりですが、このバスは夜行バスです。夜に乗り込んで、車内で寝ている間に目的地に到着します。ですから、それさえ特に気にならない人であれば時間がかかることは別にデメリットにはなりません。むしろ、しっかりと眠る時間を確保できるという意味ではプラスかもしれません。ただ、車内で座ったまま眠るのは苦手だという人はそれなりに準備をしておく必要があるかもしれません。少しでもリラックスできるように音楽プレイヤーを用意しておくとか、スリッパやアイマスクを用意するのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *