富士急ハイランドといえば富士山を見上げるふもとに位置し、さまざまな絶叫マシンが並ぶことでも知られる一大アミューズメントパークですが、関西発でここを訪れるためのツアーもいくつも企画されています。

こうしたツアーで重要なのは、どのような交通手段を利用するのかということです。富士急ハイランドまではかなりの距離がありますので、できるだけ効率的に移動ができるようにすることとあわせて、予算的な制約も考慮しなければなりません。

代表的なのは関西発の新幹線で静岡県まで向かう方法です。これは移動時間もかなり短縮ができ、しかも定時運行には折り紙つきですので、旅行の計画が立てやすいことではもっとも優れています。通常は新幹線の駅を降りてからは現地のホテルに宿泊して、ここから送迎バスなどに乗り換えて富士急ハイランドに向かいます。

また関西発の高速バスを利用する方法もポピュラーなものです。高速バスも東名高速道路を通って静岡方面まで出て、ここからは一般道を経由するか、または有料道路で目的地へと向かうパターンとなります。バスの場合は集合場所から目的地まで直行することもあるため、乗り換えの手間という意味では新幹線などの手段を使うよりも便利です。関西発のバスのなかには、いわゆる夜行バスも含まれます。夜行バスは高速道路を使って移動するのは同様ですが、移動中は夜間となるため、車中泊をすることが可能です。そのため現地のホテル代がかからず、さまざまな手段のなかでも料金的には最安となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *