かには日本人の多くが愛する食材です。

やわらかくて食べやすい身ですので、大人から子どもまで、お年寄りでもおいしく食べられるという点が大きな魅力です。また、お刺身として食べたり、鍋の具材として食べたりと冷たくても、温めてもおいしく食べることができる、という点は季節を問わないという意味で魅力的です。

かにを食べに行くという旅行企画を各社が打ち出していますが、それはこういった幅広く楽しむことができる、という魅力を反映してのことだといえます。かにを食べに行く旅行についてはバスツアーという形で実施されるケースが多くなっています。

バスであれば、飛行機や鉄道などと異なり、出発地点も解散地点も自由にチョイスできますので、旅行として企画を立てやすいというのもバスツアーが組まれる理由のひとつです。旅行先としては富山や石川、福井といった日本海側の北国が選ばれることが多いようです。それらの県は海産物以外にあまり魅力的な特産品がありませんので、かにが人を呼び込むための生命線になっているということもできるでしょう。

旅行者はかにだけを食べるわけではありませんので、旅行に来てもらいさえすれば、県のなかで他の食料品も消費され、県全体の経済にとってよい影響がもたらされます。若者にとってあまりなじみのない地域が北陸地方ですが、こういったバスツアーを通じて、その場所に触れ、その場所を知るというよいきっかけにもなるだろうと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *