なばなの里は、木曽川の河口の長島界隈にある観光植物園ですが、季節を通じてバラ、サクラ、ダリヤなどの、さまざまな花々を楽しむことができます。

そのため、中部、関西一帯の地域の観光スポットとして、特に人気を集めているところです。なばなの里まで向かう場合、マイカーがあれば、伊勢湾岸自動車道などの高速道路のネットワークを使って、現地に直接乗り入れることができるため便利ですが、途中の渋滞については覚悟しておく必要があります。

そのため、途中までは電車で移動して、現地に近い名古屋駅、または近鉄長島駅から、なばなの里行きの直通バスに乗り換える方法を利用するのが便利です。特に、なばなの里では、冬場の期間はイルミネーションのイベントがありますので、周辺の渋滞もはげしくなります。このため、駅からの直通バスが利用できれば、渋滞のなかを運転するわずらわしさもありませんし、通常よりもバスの運行頻度が高くなっています。

旅行代理店などが募集をしているパッケージツアーのなかには、最寄り駅までの電車のチケットと、現地での直通バスのチケットを、セットとして販売しているプランがあります。

この場合、両方の交通機関での割引が適用されているため、ふつうにチケットを購入するよりも、かなりリーズナブルな価格となっています。もしも交通手段として電車と直通バスを利用することがはっきりしている場合には、このようなパッケージツアーに申し込むのも有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *