夏の暑さがやっと一息つき、朝夕が過ごしやすい頃になると、電車の中吊り広告には、秋の味覚を楽しむ国内ツアーのポスターが目立ち始めます。

秋にはサンマや鯖、栗やキノコなどさまざまな食材が旬の時期を迎えますが、やはり一番人気はカニではないでしょうか。そのため、旅行会社のパンフレットにも「カニ食べ放題」などの宣伝文句が並んでいます。このようなカニを食べることがメインテーマとなっているカニのバスツアーでは、前菜からメイン、そしてデザートまですべての料理にカニが使われていることもあります。

大好きな人にとっては、最高のグルメツアーになるはずです。雑炊やすき焼き、刺し身や天ぷらなどは、どのツアーでも出される定番料理です。炊き込みご飯のなかに身が入っていたり、茶碗蒸しの中に身が入っていたりすることもあります。シェフや板長の工夫によって、どんな調理がされているのかを予想するのもバスツアーの楽しみだと言えるでしょう。

ところで、世の中にはカニに対して、アレルギーをもっている人もいます。アレルギーのある人と一緒にバスツアーに参加するときは、あらかじめアレルギーがあることを申告しておけば、代わりの料理を準備してくれるので安心です。代わりの料理としては、和牛のステーキなどの肉料理が中心になります。和牛を使ったステーキが食べ放題となるバスツアーもあるほどなので、メインの料理が代わったとしても満足度が下がることはないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *