日本の代表的な冬の味覚と言えば、かにです。スーパーやインターネットでも購入することが出来ますが、新鮮なお刺身で食べたいという方や、産地にいかなければ食べることが出来ない貴重なタグ付きを食べたいという方は、一般の流通市場に出回らないためやはり産地に行く必要があります。

また、産地であれば新鮮な上に流通前なので、安くかにを食べたり、お土産に購入したりすることが出来ます。しかし、宿泊するとなると仕事などの都合で難しいという方もいらっしゃることでしょう。そのような場合は日帰りのバスツアーに参加すると現地に宿泊をすることなく帰ってくることが出来ます。

自分で産地まで電車や車で行くとなると、かにの産地は日本海側の交通に不便な場所にあることが多いので、電車を乗り継いで行くだけで時間がかかってしまいます。電車の本数も多いわけではないので、乗り継ぎの待ち時間だけで時間がかかってしまい、現地でゆっくり食事を楽しむ時間を取れない可能性があります。

また、自家用車を運転する場合、お酒を飲むことがまず出来ません。せっかく大好きなかにを食べに行ってもビールや地元のお酒を飲むことが出来ないのはストレスに感じる方もいるでしょう。

そこで、日帰りのバスツアーを利用すれば、集合場所でバスに乗れば、あとは眠っていても現地に到着します。日帰りでもバスツアーであれば効率的に回れるようにプランが練られていますので、現地での滞在時間も有効に過ごせるように工夫されています。

バスであればお酒も楽しめますので、かにとお酒を一緒に楽しみたい方にはおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *